ポーカースターズ(PokerStars)の始め方とテキサスホールデムールール | ポーカー獲得賞金ランキング

会員登録

ポーカーニュース、ネタいろいろ!

世界のポーカーニュース

ポーカーでラスベガスはホット!払い出し賞金総額111億円超え!WSOP2009

2009年07月01日

ポーカーでラスベガスはホット!払い出し賞金総額111億円超え!WSOP2009  今年で開催40周年を迎えた世界最大のポーカー大会、ワールドシリーズオブポーカー(以下、WSOP)がアメリカのラスベガスで5月27日から開催されている。ラスベガスの夏と言えば40度を超える日照りで暑さが厳しいが、WSOP会場であるカジノRioでは多くのポーカープレイヤーで違った熱を帯びている。

 開幕後約1ヶ月で、払い戻し賞金総額が約80億円を超えたニュースを先日お届けしたばかりだが、7月1日にはついに100億円を裕に超える合計1億1,162万6,422ドル。日本円でおよそ111億6,264万2,200円が払い戻された。(1ドル=100円計算)世界同時不況が叫ばれ混迷を続ける世界経済ですが、ポーカーに不況はどうやら関係ないよう。。

 個人別獲得賞金成績では、ジェフリー・リザンドロやフィル・アイビーなど今年の開催中に複数の優勝、入賞を遂げたプレイヤーが上位を占めている。

 国別で見ると、圧倒的に参加者が多いアメリカ。続いてカナダ。この両国だけで2万人以上が参加している。日本からの参加は今のところ計25人。1人入賞を果たし2万4066ドル(約240万円)の賞金を獲得している。

 7月3日からいよいよスタートするメインイベント、参加費1万ドル(約100万円)のノーリミット・テキサス・ホールデム。2週間かけて11月7日から10日の3日間かけて行われる決勝テーブル進出者を決める。日本人の参加も見込まれており、是非とも入賞、優勝!?が期待される。プロじゃなくても十分優勝が期待できるポーカー。この夏、ラスベガスがさらにヒートアップする。