ポーカースターズ(PokerStars)の始め方とテキサスホールデムールール | ポーカー獲得賞金ランキング

会員登録

ポーカーニュース、ネタいろいろ!

世界のポーカーニュース

WSOP 2010:メインイベントDay1C、2314人が参加し残り1674人。2位にジョニー・チャン

2010年07月08日

WSOP 2010:メインイベントDay1C、2314人が参加し残り1674人。2位にジョニー・チャン  アメリカのラスベガスで開催中のワールドシリーズオブポーカー、メインイベントでDay1Cが行われ、この日は2314人が参加、うち残り1674人まで絞られたところで終了した。

 多くのプロポーカープレイヤーが参加する中、過去に2度この大会を制しているジョニー・チャンが2位につける好調の滑り出しを見せた。また、昨年のこの大会で優勝をしたジョー・キャダポーカースターズ所属)も59位とまずまずの成績だ。両者は共にDay2Aへの進出を決めた。

 今年のWSOPメインイベントへの参加も残すところDay1Dの一日だけとなった。参加上限は3800席と定められており、すでに1800席分が完売、残り枠は2000席となった。昨年はDay1Dの開始18時間前に2000席を完売していることから、今年も上限いっぱいでの進行が予想される。

 他のイベントと比べ、参加者数が数千人規模まで膨らみ、対戦期間も2週間というこのマンモスイベント、その仕組みがいまいち分からない。という方のためにイベントの概要を以下で確認しておこう。

【ワールドシリーズオブポーカー、メインイベントの大会概要】
・参加費は一人1万ドル(約88万円)
・ポーカールールはノーリミットテキサスホールデム
・トーナメントは毎日、現地時間の午後12時スタート
・各プレイヤー、スタート時の持ちチップは3万点
・各レベルでのプレイ時間は2時間
・ブラインドは2時間毎に上がる
・2時間毎に20分間の休憩が与えられる
・毎日3レベルを終了した後にディナー休憩、90分間が与えられる
・Day1で参加受付を行い、AからDまで4日間開催。参加者は参加したいDay1を選ぶ
・Day1 はレベル5(ブラインド:200/400 アンティー50)まで対戦
・Day2A は Day1A と Day1C の生き残りプレイヤーを合わせて4レベル対戦
・Day2B は Day1B と Day1D の生き残りプレイヤーを合わせて4レベル対戦
・Day3 は Day2A と Day2B の生き残りプレイヤーを合わせて4レベル対戦
・Day4 以降は 4レベルを対戦したり、規定の人数に達するまで対戦
・Day8 で決勝テーブル進出の9名が確定
・決勝は11月6日から9日まで4日間かけて開催される

ポーカーミリオネア最新カテゴリーニュース :