ポーカースターズ(PokerStars)の始め方とテキサスホールデムールール | ポーカー獲得賞金ランキング

会員登録

ポーカーニュース、ネタいろいろ!

世界のポーカーニュース

30名が入賞賞金を獲得。L.Aで開催中のワールドポーカーツアー、Day3が終了し残り15名

2010年08月25日

30名が入賞賞金を獲得。L.Aで開催中のワールドポーカーツアー、Day3が終了し残り15名  20日からL.Aのバイシクルカジノで開催されているワールドポーカーツアー(WPT)レジェンド大会はDay3が終了し、開始時の60名から残り15名へ絞られ、45位からの入賞賞金を獲得した計30名のプレイヤーが誕生している。

 やはりポーカーは何が起こるか分からない。Day2をゆとりあるチップ量で首位で折り返したフィル・コリンズは、決勝テーブルにほど遠い29位で敗退。賞金1万1500ドル(約97万円)を獲得するに留まった。また、2005年のワールドシリーズオブポーカー(WSOP)のメインイベントで優勝したジョー・ハッシャムポーカースターズ所属)は入賞ぎりぎりの43位で終了し、賞金1万200ドル(約86万円)を獲得している。

 Day3で首位に躍り出たのはアメリカ、ニューヨーク出身のアンドリュー・フランケンバーガー。今年の6月に開催されたベネチアン・ディープスタックエクストラバガンザⅢで、参加費2,100ドル(約17万7,000円)のノーリミットホールデムで優勝し賞金16万2,110ドル(約1,366万円)を獲得している。

 しかし、そんなフランケンバーガーを2位で追うプロポーカープレイヤーのジョナサン・リトル(写真左上)に周囲の注目は集まっている。ジョナサン・リトルは今年開催されたワールドシリーズオブポーカー(WSOP)で3位の好成績を含み、6つのイベントで入賞を果たしており、WPTでは2007年のシーズン6で1回、2008年のシーズン7で2回、2010年のシーズンで既に1回、計4回もの優勝を遂げている。

 Day4は現地時間で24日の午後1時から開始。決勝テーブルに生き残る9名は誰か?そして果たして優勝賞金75万ドルの行方はいかに?!

生き残り上位15名の順位とチップカウント
1. Andrew Frankenberger ― 1,958,000
2. Jonathan Little ― 1,314,000
3. Steve Reitzfeld ― 1,200,000
4. John Smith ― 1,005,000
5. Tom Braband ― 936,000
6. Adam Schiffer ― 868,000
7. Franco Brunetti ― 795,000
8. Kyle McCammond ― 615,000
9. Tyler Cornell ― 581,000
10. Hoan Ly ― 523,000
11. Jared Jaffee ― 492,000
12. Tom Lee ― 396,000
13. Florentino Ornelas ― 351,000
14. Ben Keiley ― 321,000
15. Wade Woelfel ― 279,000


上位15名の払い戻し賞金額
1位: $750,000 (約6,317万円)
2位: $370,000 (約3,116万円)
3位: $174,772 (約1,472万円)
4位: $109,000 (約920万円)
5位: $86,000 (約724万円)
6位: $63,000 (約530万円)
7位: $45,000 (約379万円)
8位: $35,000 (約295万円)
9位: $29,000 (約244万円)
10位-12位: $24,000 (約202万円)
13位-15位: $19,500 (約164万円)

ポーカーミリオネア最新カテゴリーニュース :