ポーカースターズ(PokerStars)の始め方とテキサスホールデムールール | ポーカー獲得賞金ランキング

会員登録

ポーカーニュース、ネタいろいろ!

世界のポーカーニュース

世界賞金ランキング2位のダニエルとも対戦、日本人が初の2位入賞で賞金1,020万円獲得

2009年07月02日

世界賞金ランキング2位のダニエルとも対戦、日本人が初の2位入賞で賞金1,020万円獲得  現地時間の7月1日、アメリカのラスベガスで開催されている世界最大のポーカー大会、ワールドシリーズオブポーカー(以下、WSOP)で日本の田中マサヨシ氏が同大会、日本人初となる決勝テーブルへ進出、日本人として過去最高の2位入賞を果たした。獲得賞金は10万2,313ドル、日本円にして約1020万円を獲得。

 田中氏が参加したトーナメントは参加費2,500ドル(約25万円)のリミット・デュースtoセブン・ローボール。参加合計数は257名、払い戻し賞金総額は59万3,400ドル(約5,934万円)。ホールデムでの参加者と比べるとプレイヤー人数は少ないが、それでもポーカーミリオネア獲得賞金ランキング2位のダニエル・ネグラヌや9位のジョン・ジュアンダ、31位のナム・リー、50位のハッサン・ハビブなど多くのプロプレイヤーを抑えて堂々の2位は立派です。

 優勝はエイブラハム・モッセーリで賞金16万5,521ドルを獲得(約1,655万円)。田中氏が若干のチップリードで残り二人のヘッズアップがスタートしたが、モッセーリが驚異の運を見せ、連続してポットを獲得。そのまま逆転優勝を飾った。日本人初となるWSOP優勝ブレスレットの獲得が一気に期待されたこの大会、惜しくもその快挙は成し遂げられなかったが、田中氏のプレイは日本人としてのポーカープレイヤーを大きく世界へ印象づけるものだったに違いない。

ポーカーミリオネア最新カテゴリーニュース :