ポーカースターズ(PokerStars)の始め方とテキサスホールデムールール | ポーカー獲得賞金ランキング

会員登録

ポーカーニュース、ネタいろいろ!

世界のポーカーニュース

ポーカースターズ、賞金100万ドルとランボルギーニを狙え!1万人中91位、対戦2時間12分

2010年08月10日

ポーカースターズ、賞金100万ドルとランボルギーニを狙え!1万人中91位、対戦2時間12分  オンラインポーカー最大手のポーカースターズで現在開催中のお客様感謝企画、“賞金100万ドル超え+ランボルギーニ提供”のフリーロール。参加費が無料で誰でも参加できるとあり、早速、ポーカーミリオネア編集部も参戦してみました。

 トーナメントは毎時開催されており、一日一人一回だけの参加が認められてます。参加受付はトーナメント開始の30分前で、受付開始後、15分もすると定員の1万人に達します。編集部は受付開始5分後くらいに難なく参加受付を終了、あとは開始をただ待つのみ。

 トーナメントの戦略は、多くのプロプレイヤーがいろんな説を唱えていますが、要は運次第?という気合で、アンティがない序盤戦、やや固めにプレイ。AAが2度、66のフロップ、スリーカードでそのまま。といった運にも恵まれ勝ちが続き、平均チップの4倍ほどを保有し中盤戦へ。

 トーナメントでは、序盤にある程度のチップを獲得できれば、チップを多く持った相手との衝突を避けたい。という念が働いてか、アクションが後の好位置ポジションではブラフが良く効きました。

 55分毎にある5分間の休憩を1回挟み、残りプレイヤーを見るともうじき1000人という状態。ブラインドが上がるまで1時間をプレイするオフラインの大会と比べ、5分で上がるブラインドは猛スピードで多くのプレイヤーを脱落させます。

 この時点では、チップを他のプレイヤーよりもまだまだ桁違いで保有でき、ゆとりもあったのですが、休憩後はブラインドの上昇とともに、チップの少ないショートスタックなプレイヤーが、オールイン交戦に出る展開。それらをまともに受け競り勝てれば一気に次の高みへ行けるのですが、ひとつ間違えると、そのまま敗退路線へ急降下。今か今かと衝突機を狙い、取っては取られの攻防を繰り返し、なんとか平均値ほどのチップを維持して2度目の休憩を迎えました。

 休憩後、残りプレイヤーが100人を切りました。この時期になると、皆それぞれ相当量のチップを持っているため、中々飛びません。我慢すること、ビッグブラインドで、両方クラブの[ A Q ]。全員が降り、常にレイズのディーラーボタンポジションのプレイヤーがコール。この野郎!とばかりにオールインしたら、あっさり受け止められ[ A K ]でした。そのまま相手の [ K ]ハイが冴え、あえなく終了。。。91位でした。

 プレイ合計時間は述べ2時間12分。3時間生き残ることができれば、入賞の18位が見えてくるのではないかと体感しました。ランボルギーニ獲得を目指して、ポーカーミリオネアの挑戦は続く!

ポーカーミリオネア最新カテゴリーニュース :